後悔しない式場を選ぶためには?全く違う、2つの式場タイプ

Posted on

あなたはどっち派?「アットホーム」or「カッチリ」

先日、休日丸1日をかけて、ブライダルフェアに行ってきました。結婚式のスタイルは「高級ホテル」「専門式場」「ゲストハウス」「レストラン」など様々。「仕事もあり、決まるのならば1日で決めたい」そんな気持ちでタイプの違う2会場を予約。どちらも「初めてでも安心の相談会&試食付き」というフェアです。

1つ目は、「教会付きのレストラン」。普段はフレンチレストランとして営業している、自然に溢れた小さな式場です。式場内の打ち合わせ用の部屋で、式についてイチから丁寧に説明してくれました。特徴としては、「結婚生活や出会いなども聞きながら話をしてくれる」「私たち自身に合った式の提案をしてくれる」ということ。「アットホームなウエディング」にはピッタリの雰囲気でした。

2つ目の式場は、「専門式場」。見た目やサービスはまるで高級ホテルのようですが、式やパーティなどを専門とした式場です。式場の中に20組以上が一度に打ち合わせできるスペースが設けてあり、会場の特徴をくまなく説明してくれました。特徴としては、「専門式場だからこそできる、来客者に満足してもらえるポイントを教えてくれる」「来てくれた人の気持ちになり、式場の設備やおもてなし内容を説明してくれる」ということ。来客をしっかりもてなし、カッチリとした式をしたい人にはとてもオススメだと思います。

1番大事にしたいことによって式場タイプも変わる!

式場は、どんな式にしたいかによってピッタリ合うかどうかが変わります。自分たちの考え方に合うよう、いろんな式場を見ることが大切です。「自分たちらしい式にしたい」2人はレストラン、「来てくれた人をしっかりもてなしたい」2人は専門式場へ、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

京都の結婚式場は、京懐石の繊細さで、四季の食材の持ち味を最大限に生かして、フランス料理ならではの盛付けで、提供する式場があります。