若い人に人気のローソファー!そのメリットとデメリットとは

Posted on

部屋が広く見えるなどのメリットがある!

現在、若い世代を中心に人気が高まっていると言われているのがローソファーです。ローソファーとは名前の通り、座面部分が低いソファーの事を指します。ローソファーには様々なメリットやデメリットがあります。まずメリットな部分で言えば、ローソファーを置けば部屋全体が広く見せられるという事です。部屋を広く見えるようにする方法として背の低い家具を置くというのは基本的な考え方とも言われていますが、その中でもソファーは大きな部類に入る家具なので、ローソファーにするだけでも大きな効果があるでしょう。

またローソファーは一般的なソファーと比べると足を投げ出しながらでも座りやすいというメリットもあります。座面が低い分だけ、足を延ばしやすくなるので、ソファーでゆっくりくつろぎたい人には向いているのかもしれません。

ローソファーと合わせられるテーブルが少ない!

一方、ローソファーのデメリットとしては、立ち上がる事がしんどい所です。ローソファーは座面が低い事から、立ち上がりが容易ではない場合があります。腰や膝があまり良くない人は注意する必要があるでしょう。

またテーブルが利用しにくいのもデメリットと言えます。一般的なソファーはテーブルを置く場合がありますが、ローソファーの場合、それに合わせたテーブルが少ないと言えます。よく見かけるローテーブルは、一般的なソファーの高さに合わせたものがほとんどです。そのため、ローソファーにするとテーブルの方が高くなる場合もあります。さらに、ローソファーで足を伸ばしながら座ると、テーブルの棚が邪魔に感じてしまうケースもあると言えるでしょう。

ローソファーとは脚のついていないソファーのことで、通常のソファーよりも座高が低いのが特徴です。床にそのまま座る和風の生活スタイルにもよくマッチします。